ペットを連れて飛行機に乗る場合

travelairportnet-about-pet-airplane-main

ペットが家族同然という人は多いでしょう。一緒に旅行する家庭も増えていると聞きます。

また転勤が決まり、やむなくペットを連れて飛行機に乗るといった場合もあるでしょう。

空港ではどのように対応してくれるのか調べてみました。

ペットには過酷な飛行機の環境…

預ける人間もそうでしょうが、ペットも慣れない環境に不安を抱えているはずです。

なるべくストレスがかからないように接してあげる必要があります。どんなに 家族同然と主張しても、言葉は悪いかもしれませんが「荷物」として運ばれることを忘れてはいけません。

ペット用に各航空会社も万全の環境は整えてくれてい るものの、人間が乗る客室のような待遇とまではいきませんし、席に座ってシートベルトを締めているより、揺れを感じることも多いでしょう。

飼い主に対し、航空会社が特に重点的に説明するのは「気温の変化」についてです。

例えば夏ですと、飛行機の乗り降りの際には炎天下の中で順番を待つことにな りますし、逆に雪国の場合、冬ですと氷点下になることも珍しくありません。

また、機内の温度も保たれてはいるものの、外気の影響は受けやすくなるのが事実 です。夏は暑く、冬は寒いと思っておいたほうが良いでしょう。

種類によっては搭乗不可のワンちゃんも

あまり知られていませんが、犬種によっては搭乗お断りというケースがあります。

これは航空会社によっても変わってくるのですが、「ブルドッグ」は大抵の場合、飛行機に乗せることができません。「凶暴だから?」と想像する人もいるでしょうが、ブルドッグは見た目とうらはらに、大変温厚な性格です。

理由は前述の「暑さ」です。ブルドッグや最近 人気のフレンチブルなどの「短頭犬種」は暑さに弱く、熱中症の危険があるためです。

また、飼育している人が多い、シーズーも同様の理由でNGという場合が あります。

ペットを乗せる時の対策は?

航空会社としても、少しでもペットの負担を軽減しようと、夏場はケージのまわりを クールマットで覆うなど、対策してくれる場合もありますので確認してみましょう。

また、飛行機に乗せる前にトリミングを済ませておくのも効果的です。毛の 長い犬や猫の場合は、アンダーコート(下毛)のお手入れをしておくだけで、ずいぶん違うはずです。

また、可能な場合は飛行機の搭乗時期をずらすという方法もあります。

真夏は犬にも危険が伴うので、涼しい時期を選ぶなど、考慮する飼い主も多いといいます。

犬や猫以外の動物は?

ハムスター

ペットも多種多様になっています。例えばウサギを飼っている方も多いでしょう。

この場合、飛行機はOKです。犬や猫と同様に預かってもらえます。そのほか、 鳥・フェレット・ハムスター、亀もOKです。

ちなみに金魚やカブトムシは、機内への持ち込みが可能な場合もあります。横の席の人がカブトムシを運んでいると想像すると少しワクワクしませんか。

ハムスターを例に、小さいからバレないだろうと手荷物に忍び込ませた人もいるようですが、検査場で絶対にバレます。しっかり預けましょう。

ただし、ハムスター1匹でも5000円は覚悟したほうがよいでしょう。

海外では機内への持ち込みも可能

ペッ トを家族と考える利用者が多いことから、海外の航空会社では小型犬や猫に限り、機内への持ち込みを認めている場合があります。

「ペットフレンドリー」を目指すエア・カナダは「座席前のスペースに収納可能なキャリーケースに収まる」場合、OKということです。飼い主としても目の届くところにいると安心できそ うなサービスです。

しかし、全てのワンちゃんが「お利口」なわけではないでしょう。

しつけが悪く、吠え癖のあるワンちゃんや機内でウンチをしてしまった場合など、他の乗客の顔を想像するだけで、嫌な汗をかいてしまいそうです。