日本で飛行機を利用する流れ。【国内線】は簡単だけど乗継は注意が必要

travelairportnet-airport-internal-airline-formalities-entry-main

ゴールデンウィークやお盆、そして年末年始は、国内線の空港が最も混雑する時期です。

そんな国内線の出発前のひと時、周囲の喧騒から離れてラウンジで過ごすと言うのはいかがでしょうか。
日本の国内線最大のハブ空港といえば、羽田空港です。

そんな羽田空港には、多くの空港ラウンジが設置されています。

まずは、JALが羽田空港に設置する国内線ラウンジ。

搭乗手続きをして、手荷物検査を通過したあとのエリアに、「サクララウンジ」と呼ばれるラウンジがあります。サクララウンジは、国内線ファーストクラスや国際線の上級クラスから乗り換えるお客、マイレージプログラムの上級会員などが対象となっております。対象でない搭乗客も、一人3000円でサクララウンジを利用できます。

サクララウンジのさらに上を行くラウンジと言えば、「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」。サクララウンジを奥に行きますと見えます。国内線と国際線のファーストクラスを利用するお客、マイレージプログラムの最上級クラスの会員が利用できます。サクララウンジよりも上質な空間、そして本格的なお食事が用意されています。

ANAもJALと同様に、国内線ラウンジを羽田空港に設置しています。

第1ターミナルには「ANAラウンジ」が設置されています。
…ラウンジエリアが大きくとられており、ビジネスエリアも設置されています。

第2ターミナルには、「ANAスイートラウンジ」が設置されています。
…従来のラウンジ機能だけではなく、ビジネスセンターとして、そしてリラックススペースとしての役割をより強化しております。

航空会社が設置しているラウンジのみならず、クレジットカード会社各社が設置しているラウンジもあります。

手荷物検査を受ける前の一般エリアに設置されており、第1ターミナル、第2ターミナルにそれぞれ3ヶ所、合計6ヶ所設置されています。
主なクレジットカードのゴールドカード以上のステータスであれば無料で利用可能。
クレジットカードを持っていなくても、トイレやラウンジ、ソフトドリンクの利用でしたら大人は1030円で利用できます。
シャワーも追加で利用するとなると、2060円程度かかります。

航空会社と比べて質素なイメージがありますが、お見送りをする人と一緒に入れるのが大きな魅力です。
関西空港では、KIXエアポートラウンジと言うのがあり、まるでネットカフェのようなラウンジとなっています。関空らしく、24時間営業となっております。

関連記事:豪華なサービスがある有料空港ラウンジを無料で利用しよう!

出国時【日本国内⇒日本国内】

国内線に乗って空港に到着した時は、最も手続きを簡単に済ませることが出来ます。

国際線到着時にあるような入国審査も検疫も、そして税関さえありません。飛行機から降りたら、そのまま到着ゲートまで向かえばいいだけです。
航空会社に荷物を預けている人でさえ、手荷物受取所のターンテーブルに足を運んで、そこで荷物をピックアップすればあとは到着ゲートに向かえばいいだけです。

問題は、到着した国内線から別の便に乗り継ぎをする場合です。

国内線から国内線に乗り継ぎ

到着した国内線から別の国内線に乗り継ぎをする場合、同じ空港内で乗り継ぎをするのであれば、さほど時間はかかりません。

空港の規模によっても異なりますが、大規模な空港でなければ最短で20分程度、大規模な空港であっても50分程度の乗り継ぎ時間があれば、十分に乗り継ぎは出来ます。
時間にある程度余裕を持たせているのは、人の移動に余裕を持たせるためでもありますが、それ以上に搭乗客が預けた荷物の移動を確実に行うためというのが大きいでしょう。

同じ航空会社で乗り継ぎをしたほうが、基本的には乗り継ぎに必要な時間は少なくてすみます。

国内線から国際線に乗り継ぎ

国内線同士の乗り継ぎに比べて、国内線から国際線への乗り継ぎのほうが所要時間は多くなります。
国際線の乗り継ぎは、定刻の30分前までに行うことが奨励されていますので、確かに時間はかかっていますね。
同じ航空会社の国内線から国際線に乗り換える場合でも、最短で45分は必要になりますし、ここにさらに空港の移動が必要となりますと3時間以上の余裕を見なければなりません。

たとえば、羽田空港に国内線で到着したあと、成田空港の国際線で出発するといったケースです。

人間の移動はもちろんのこと、荷物の移動もしなければならないため、3時間と言う余裕を持ったスケジュールとなっているのです。

LCCの国内線から国際線に乗り継ぎ

最近では、成田空港に格安航空会社(LCC)の国内線が多く乗り入れており、それを使ってさらに成田空港発の国際線に乗り継ぎをしようと考えている人も多くいらっしゃいますが、これはリスクが高いです。
LCCの国内線では、遅延や欠航というものが大手航空会社と比べて多く発生する傾向にあります。

大手であれば、国内線到着が遅れたり欠航したりして国際線に乗り継げないといった場合には、補償を受け付けたり代わりの便に振り替えてもらったりといった対応が期待できます。

しかしLCCであれば、そのあたりは全て自己責任。国内線到着が遅れたため国際線に乗り継げなかったとしても、滅多なことでは補償には応じてくれません。