海外旅行・出張時!空港で【国際線】を利用する時の流れ

entryimages_2_13

海外旅行に行く際には、まずはその国を出国しなければなりません。
空港の規模によって手続きにかかる時間は異なりますが、国際線で出国する際の流れはほぼ同じです。

出国時【日本⇒海外】

チェックイン

まず最初に行うことは搭乗手続き、つまりチェックインです。

空港には航空会社のカウンターがありますので、そこでチェックインの手続きを行います。最近では、人のいるカウンターの横に自動チェックイン機を導入している航空会社も増えてきています。

旅行代理店のツアーに参加をする場合には、旅行代理店のカウンターがありますので、まずそこへ足を運んでから指示に従ってください。

国際線のチェックインのときには、航空券だけではなくパスポートが必要となります。

航空券とパスポートを提示すると、搭乗券が渡され、そこには座席番号や出発ゲートが書かれています。
大きなスーツケースなど預ける荷物がある場合には、このタイミングで荷物を預けます。

荷物を預けますと、航空券に手荷物引換証(バゲージクレーム)が貼られますので、なくさないでください。

セキュリティチェック

チェックインが終わりましたら、次にセキュリティチェックを受けます。搭乗券を提示して、手荷物をX線検査にかけます。

この際、最近では「パソコンはありますか」などと聞かれますので、X線に通したくないものはあらかじめ手荷物から出しておきましょう。

搭乗客は金属探知機のゲートをくぐって、危険物を持っていないか調べられます。ズボンのベルトのバックルなどが、比較的金属探知機に引っかかりやすいです。

税関手続き

セキュリティチェックが終わると、次は税関手続きです。

100万円以上の現金を持ち出す場合や、外国製品を外国に持ち出す場合には、税関カウンターで手続きをしなければなりません。

特に申告するものがない場合には、スルーしても構いません。

出国審査

税関を通過すると、いよいと出国審査です。出国審査の際には、パスポートと搭乗券が必要となります。
パスポートはカバーを外した状態で持っておいてください。出国の際は、入国のときほど質問をされることはありません。日本の一部の空港では、出国審査で自動化ゲートを採用しています。

しかし、自動化ゲートを利用するためには、あらかじめ利用登録をしておかなければなりません。

搭乗

出国審査が終われば、あとは搭乗を待つばかり。免税店や航空会社のラウンジなどは、出国審査終了後のエリアに設置されています。

急に搭乗ゲートが変更となる可能性もありますので、遅くても出発の15分前には搭乗ゲートに到着しているようにしましょう。

楽しい海外旅行や実りある海外出張などから空路帰国した場合、空港では以下のような手順を踏んで日本に入国をします。

さて、飛行機が目的地の空港に到着しました。ついに海外です!

飛行機を降りたら、入国審査場に向かいます。たいてい入国審査場には長蛇の列ができます。入国審査官のブースで一人ずつかなり念入りに審査されます。

メガネやヒゲの有無で、パスポートの写真と著しく異なる場合は時間がかかるので要注意!!

学 生時代にバックパッカーとして海外旅行をしていた私の友人は、ヒゲが伸び放題の状態だったため本人と確認されるまで30分以上の時間がかかったそうです。 よって、余計な手間を増やさないことが大事です。いずれにしても、入国審査には1時間以上はかかるものと考えてスケジュールを立てておいた方がいいです。

入国審査を無事通過すると、荷物の受け取り場所に移動。

国際線では、搭乗したとき、もしくは目的の都市に到着する2~3時間前に入国カードが配られます。

ここに氏名、パスポート番号、生年月日、性別、搭乗便名、国籍、署名などを記入します。現地の言葉か英語で記入します。間違いがあると、ただでさえ長い入国手続きがさらに長くなるので、正確に記入すべきです。

入国カードの内容はどの国でもほとんど同じですが、表記の仕方が異なるので、JALのサイト(URLは以下)を事前に調べておくとよいでしょう。

entryimages_middle_07

フライト番号と出発地が表示されているところに行くと、ベルトコンベアーの上をぐるぐるとトランクが回っています。

ここで搭乗手続きのときに預けたトランクを取ります。トランクにはタグが付けられており、それに対応する半券も搭乗手続きのときに渡されています。それを確認してトランクを取りましょう。

なぜなら、色や形が似ているトランクだらけだからです。

「あっ、これ私のだ」と思って取ったトランクが別の人のものだったということにならないように十分に気を付けてください。ここでも自分のトランクが出てくるまでに結構時間がかかります。

トランクを無事に受け取ったら、最後の出口前で税関係員に入国カードを渡し、これで手続きはすべて終了です。

帰国時(海外⇒日本)

検疫

飛行機から降りるとまず最初に待ち構えているのが、検疫です。

ここでの検疫は、飛行機の乗客が感染症などを持ち込んでいないかどうか、チェックするためのものです。感染症が報告されている地域、あるいはその周辺地域から帰国する便などの場合、飛行機の中で検疫所からの質問票が配られます。

体調に関する質問ですので正直に記入をして、検疫カウンターに提出をしてください。

検疫官がサーモグラフィーなどで体温のチェックを行っておりますが、発熱や下痢などの症状があると感じられたならば、健家期間に申し出ましょう。

入国審査

検疫を通過すると、次はいよいよ入国審査です。

かつては日本人でも出入国カードが必須でしたが、現在ではパスポートだけで大丈夫です。パスポートのカバーは、この時は外しておいてください。外国人が日本に入国する場合には、変わらず出入国カードが必要です。

出国のときと同様に、一部の空港には自動化ゲートが設置されています。頻繁に出入国をする人は、スピーディーに入国できますので利用価値大ですね。

荷物の受け取り

航空会社に荷物を預けている人は、便名の表示されているターンテーブルで荷物が出てくるのを待ちましょう。通常は、ファーストクラスなどの上級クラスから荷物が出てきます。

なお、荷物を預ける際に「葬儀がある」などの理由を伝えておけば、早めに荷物を出してもらえる可能性があります。

ちなみに、待っても荷物が出てこないときには、航空券に貼り付けてある「手荷物引換証」を持って、バゲージクレームのカウンターに行きましょう。荷物を預けていない人は、ここはスルーしても構いません。

動物検疫・植物検疫

人間の検疫だけでなく、動物や植物も検疫の対象となります。ペットと一緒に海外旅行から帰国した場合、海外でフルーツを土産にした場合、肉製品をお土産にした場合などは、所定の証明書類や検査を受けなければなりません。

この際、その対象物をすぐに取り出せるように準備をしておいてください。

税関

「携帯品・別送品申告書」と言うものが、現在では全ての入国者を対象に提出するようになっています。
免税範囲を超えていない人は、「緑の検査台」で検査を受けますが、免税範囲をこえていることが明らかな人や分からない日とは「赤い検査台」に行きましょう。

その際には、「携帯品・別送品申告書」を2通提出した上で、品物を準備しておきましょう。

税関を通過したら、あとは到着ロビーから出て、入国手続きは全て完了となります。