関西国際空港を楽しみ尽くす!充実の関西グルメと激ウマ土産

entryimages_2_11

関西国際空港には関空ミナミのれん街というレストラン街や、町家小路というフードコートがあります。ここでは日本と世界のグルメを味わう事が出来ます。

予定より早く着いてしまった時や、飛行機が遅れている場合、関空に到着し家に帰る前に一休みした、そんな時には関空グルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。関空には本格的なレストランが手軽に味わえる店があり、ジャンルも和食、洋食、中華、ファーストフードなどが幅広くそろっています。もちろんカフェも有ります。

関西グルメを味わえるお店や美味しいお土産の品ぞろえ◎

▼ぼてじゅう屋台

例えば焼きそばやねぎ焼きを提供するぼてじゅう屋台などは、屋台の雰囲気と味をその場で味わう事が出来ます。

entryimages_middle_04

ここでの一番人気は京風ねぎ焼きモダンであり、ねぎの下に蕎麦とお好み焼き生地、マヨネーズソースがかかっています。とても人気の一品です。

この屋台は、大阪のお好み焼きチェーンの中でも大手のぼてじゅうが展開する屋台です。

注文すると目の前で焼いてくれると言うスタイルで、出来たての味を味わえます。空港の中だからと言ってあなどれず、本場そのものの味を楽しむことが出来ます。

価格もリーズナブルで、一番人気の京風ねぎ焼きモダンは780円。このほか秘伝大阪焼きそばが580円、おおさかモダン焼きが750円、どれをみても良心的な値段設定です。空港の中のグルメには割高のものも多い中で嬉しいことですね。

関空から地元に帰るまえに、大阪の味を最後にもう一回味わいたいと訪れるお客さんが多いようです。

▼土産として最もお勧めしたい、「半熟カステロふわんとろん」

最初はJR新大阪駅で売られたのですが、発売当初は店頭で売り切れが続出した商品です。この大人気のお土産を関西国際空港でも買うことができます。

商品名の通り、生地となるカステラは普通のカステラに比べて半熟という感じで柔らかくなっています!

また「ふわんとろん」と言う通り、くちに入れるとまずふわふわ感があり、そして口の中でとろけていきます。また、一口サイズの個別包装となっています。このふわんとろんをピンポイントで買い求めるお客さんも多く、販売開始は2012年ですが、早くも関西国際空港のお土産として注目を集めています。

▼テイクアウトもできる「551蓬莱の豚まん」

551蓬莱の豚まんの人気は大変なもので、時間帯によっては豚まんその他を買い求める客で長蛇の列ができるほど。メインはやはりその場で食べることですが、2個入りで320円の豚まんをテイクアウトする人や、豚まんだけではなく焼売や餃子をテイクアウトする人もいます。

その日に家族で食べる、という意味でのお土産ならば、このようにテイクアウトをしてお土産にすると喜ばれるでしょう。焼売は6個入りで320円、餃子は10個入りで260円と非常に安く、たくさん買ってもお財布に優しいです。

もし数日後に友人などにあげたいならば、日持ちするチルドセットもあるので、これを利用すると良いですね。ただし、もしこれをお土産にするならば、早めの時間帯を狙わなければ売り切れてしまうこともあるのが難点です。

24時間営業のKIXエアポートラウンジ

ネットやマンガなどが楽しめるスポット

いわゆるインターネットカフェであり、ここは第一ターミナルビルの2階にあります。

KIXエアポートラウンジでは、インターネット、コミック、雑誌、映画鑑賞などが楽しめます。オープン席のほかにも、本格的インターネットカフェのように個室感覚でパソコンが使えるシングルブース、家族連れで利用できるグル―プルームなどが選べます。フリードリンク制で、ジュースを飲みながらゆったりとすごす事が出来ます。

シャワールームもあります。シャンプー、リンス、ボディソープが完備されています。タオルも別途販売されていて安心です。さらに、キッズルームもあり、ここにはジャングルジムや滑り台などがあり、子供たちを遊ばせるのに最適です。

マッサージチェア席もあるので旅の疲れを癒したい時には是非利用してみましょう。そして、6~8名で利用できるシアタールームもあり、これは大画面で映画を楽しむことが出来ます。

これら色々な席が設けられたKIXエアポートラウンジは、短時間の利用もできるので、出発前や乗り継ぎ待ちの時間、更には真夜中の利用も可能です。空港に着いたものの、帰りの電車がなくなってしまい、空港のベンチで朝まで過ごすハメになった等という人は是非訪れてみてください。きっと落ち着いた時間を過ごせるはずです。

利用料金は、オープン席が30分300円~、ブース席・グループルームが30分400円~。シャワーの利用が500円 などで、安い値段で過ごすことが出来ます。

LCC向けとして設計された日本で初めての専用ターミナル

entryimages_middle_05

関空国際空港ではLCC向けとして設計された日本で初めての専用ターミナルとして、第2ターミナルが作られました。ピーチエアラインの国内線と国際線の全路線がこの第2ターミナルビルに発着しています。

第2ターミナルビルへ行くためには、エアロプラザ横から出発するシャトルバスに乗ります。

これは利用料無料です。得ありプラザや第一ターミナルビルから徒歩で行くこともできます。

空港リムジンバスの中には第2ターミナルビルまで行く路線もあるので、これを利用してもいいでしょう。車の場合には、第2ターミナルビルの前にP5駐車場があるので、これを利用しましょう。

第2ターミナルビルは、第1ターミナルビルとはちがってシンプルな作りです。他寝た壁にも装飾が無く、鉄筋がむき出しです。しかしながら、24時間営業のセブンイレブン、カフェのプロント、ギフトショップのアプローズなどを始め、外貨両替コーナー、ATM、海外保険取り扱いカウンターなどがそろっています。国際線ゲートエリアには免税店もあるので、人気ブランドグッズや酒類を買う事が出来ます。

また、ラウンジではピクニックをコンセプトとしたタウン時であり、日本風の庭園を眺めながらのんびりと過ごすこともできます。

グルメやショッピングなどのあらゆる機能がそろう第1ターミナルビルと比べればあまり充実していないように感じるかもしれませんが、続々とリニューアルしているので今後に期待です。